おぢさんとデイパック

私が幼少期〜青年期だった頃、まだ大人は大人らしくあって、例えば、会社に行く際には、荷物は黒か茶のオーセンティックな鞄と相場は決まっていた。いつの頃からかここらへんはユルくなって、リュック(デイパック)などで通勤する人も増えてきた。

それが頭に染み付いていたのか私も電車などで出かけるときは何の疑問も持たず手持ちか肩掛けの鞄を使用していた。が、年齢重ねるとわかると思うが、これはけっこう身体に負担がかかる。たいてい利き腕の方に荷重をかけるので身体のバランスが崩れるのだ。

重量があると手や肩が痺れてくるし、その場は凌げても就寝時に骨格の軋みみたいなものを感じる。齢だ。

幸い今はカタい会社勤めをしているというわけもないし、荷重が両肩に分散するデイパックを導入してみた。吟味している暇もなかったので、空いた時間に東急ハンズに立ち寄って片っ端から背負ってピンときたやつを購入。

結局、これ(↓)にした。



もうちょっとビジネスっぽい感じの黒いボックス型もあったのだが、通勤用ではないのでこれは許容範囲(だろう)。

使った見た感想としては「すごい、楽」の一言。両手が空いて、腰へのまとわりつきがなくなるだけでこうも気分が軽やかになるもんかと。

 

 

猪股弘明           
医師(精神科):精神保健指定医
理学士:物理         

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です